• 進路コラム
  • 社員コラム

まだ間に合う!今から出願できる私大、2022年度版 【一般選抜編】

首都圏私立大学105校の2022年度 一般選抜中・後期日程について紹介する

  • 大学・短期大学進学 2022年 02月01日

前回記事では、総合型選抜で2月以降の出願を受け付けている首都圏私大が多い事について触れた。

本稿では、より出願できる大学数が多い一般選抜の後期日程について解説する。中には、3月以降でも出願可能な大学もある。

2月15日以降も出願可能な私大は、首都圏で100大学以上ある!

進路企画では、2月以降から3月にかけて出願が可能な首都圏私大の総合型選抜、2月15日以降から出願可能な一般選抜の入試日程をまとめた一覧表、「2月以降に出願できる首都圏私大」を公開している。まだ出願ができる大学が一目でわかるのでぜひご活用いただきたい。

本稿では一般選抜(共通テスト利用方式は除く)後期のポイントを解説していく。

2/22更新➡  専門学校でまだ出願可能な学校

まず、2月15日以降に一般選抜で出願可能な私大は首都圏で100校以上あるということを押さえておきたい。

早慶上智・MARCHなどの難関校は一部の大学が共通テスト利用方式で実施する程度だが、有名大学では東洋大学や日本大学をはじめ、後期試験を実施している大学が少なくない。

中小規模校では多くの大学が実施しているが、これらの大学は年内入試で受験する人が多いのでライバルが少ないことも考えられる。

 

2月半ば以降に残る受験生が減り、後期試験のチャンスが増大!?

実は、昨年度の私大一般選抜 後期試験は首都圏で20%以上も志願者数が減り、合格チャンスが増える結果となったことをご存じだろうか?

2021年度 首都圏私大 一般選抜 志願者数(共通テスト利用方式除く)

エリア 方式 21年度 20年度 増減 指数
東京 前期 814,195 910,133 -95,938 89.5
後期 54,785 74,672 -19,887 73.4

埼玉・千葉・神奈川

前期 298,916 348,710 -49,794 85.7
後期 28,744 37,611 -8,867 76.4

 ※豊島継男事務所調べ。東京112校、千葉・埼玉・神奈川72校の私大集計データより

昨年度の私大一般選抜は、全体で約14%の志願者減となる一方で合格者数を増やす大学が多かったため、2月中に進路が決まる受験生が増えたことが考えられる。

今年度に関しても、18才人口減や、年内入試を活用する受験生が多かったことなどから昨年同様、後期試験まで残る受験生の数は少なくなる可能性があるのだ。

2月の前期試験で思うような結果が出なかった受験生はぜひ弊社サイトをご覧いただき、気になる大学があれば積極的にチャレンジしていただきたい。

これから出願できる、総合型選抜の解説はコチラ


3月を過ぎると出願可能な大学数が一気に減る!

最後に、一般選抜の後期試験は3月1日を過ぎると一気に出願可能な大学の数が減るので、早めに気持ちを切り替えて出願可能な大学情報を調査しておこう。

3月以降に出願できる大学の解説はコチラ

本稿と試験日程一覧が、これからの志望校選びの参考となることを願う。


SINRO! 編集長 河村卓朗

 

ページトップへ
メニュー